沿革


  • 昭和15年 現社長の祖父、祖父江梅彦が中区西川端町に於いて創業
  • 昭和17年 戦時中統制になり全国滑石統制会社中部地区理事
  • 昭和25年 西区志摩町3丁目にソブエクレー営業所を開設
  • 昭和33年 中村区上笹島町1丁目に移転
  • 昭和36年 10月資本金600万円のソブエクレー株式会社を設立
  • 昭和38年 9月熱田区一番町に本社事務所倉庫を新築移転
  • 昭和42年 2月港区善進本町に本社事務所倉庫を新築移転
  • 昭和42年 3月本社に本社工場を新築
  • 昭和44年 4月資本金1200万円に増資
  • 昭和44年 4月椿鉱業㈱を買収
  • 昭和44年 8月鈴鹿市に鈴鹿工場を新設
  • 昭和46年 1月資本金2400万円に増資
  • 昭和48年 6月米合弁会社、日本ミストロン㈱を鈴鹿工場内に併設
  • 昭和48年 12月資本金4800万円に増資
  • 昭和49年 10月台湾に合併企業聯合窯業原料有限公司を設立
  • 昭和50年 5月台湾鶯歌鎮に粉砕、製土工場を新設
  • 平成17年 3月港区新船町に本社移転
  • 平成28年 10月祖父江梅夫が社長就任